ホーム店舗一覧> 株式会社 磐城高箸

カテゴリで探す

いわきの銘菓

  • 和菓子
  • 洋菓子

太陽の恵み

海の恵み

匠の技

その他

可能性を活かして

可能性を活かして

常磐自動車道いわき勿来料金所から国道289号線を左折し、四時大橋(四時川)を越えたら、すぐ左折し、スロープを下りたつきあたりに磐城高箸があります。社長の髙橋さんが林業を始めたきっかけは、いわき市にある広大な山を持つ造園会社に祖父が働いており、そこの管理者として先祖伝来の山林を受け継ぎ働き始めました。山がある限り間伐材は出てくるので、間伐材の丸太を使ってなにかできないか、丸太をつくってきた仙人達の想いを伝えていきたいと強く思い、試行錯誤しながら国産の割り箸の可能性をいかして取り組んできました。

1.割り箸への想い
日常生活でも当たり前に使われている割り箸ですが、磐城高箸ではストーリーを大事にして学校の卒業記念や、会社の記念品、個人的な注文も受けています。お客様の中では商品を受け取り、涙を流す人もいたそうです。一善でも多く一級品をつくりだし、けして海外ではまねできないクオリティーを一度手にとって知ってもらい、素晴らしいものだと積極的に国産割り箸を使っていただきたい、地元から県外へ、世界へと広めてほしいと思います。

2.間伐
間伐とは、植林後10年ほど経つと隣の木の枝がぶつかり合い、成長を妨げてしまうため、間引き(苗を密植した状態から、少数の苗を残して残りを抜いてしまう作業)するために伐られた木を有効活用するためにつくられたのが間伐材です。日本製の割り箸は、丸太から建築用材などを切り取ったときにできる端材や残材、間伐材を使ってつくられています。森林環境保全のための国産の間伐利用し、不良品や使い終わった割り箸を薪として再利用しています。

株式会社 磐城高箸

ヨミカナ
カブシキガイシャ イワキタカハシ
TEL
0246-65-0848
所在地
いわき市川部町川原2

このお店の商品