三県復興希望のかけ箸【磐城高箸】、工芸品の通販ならいわきの特産品情報満載 いわき ら・ら市場



  • NEW

国産箸割り箸を知ってほしい

三県復興希望のかけ箸【磐城高箸】

希望のかけ箸は震災で被害が大きかった岩手県、宮城県、福島県の杉間伐材を使用した割り箸です。 割り箸が復興の架け橋となるよう、自然豊かな東北の地が再び人々の希望を実らせる場所となるようにと願いを込めてつくられています。

商品番号
IT001-001
標準価格
821(税込・送料込)
ポイント
0pt
ギフト
不可
在庫数
46

数量:

・平成23年度 全国間伐・間伐材利用コンクールにおいて、間伐推進中央協議会 会長賞を受賞
・平成24年度 福島県新商品生産による新事業分野開拓者認定制度 認定商品
・平成24年度 福島県観光みやげ品 推薦品
・平成25年度 グッドデザイン賞受賞

割り箸は日本人の木の文化と共に開発され、来客用や営業用として使われているのが一般的で祝い事や神事は「ハレ(晴れ)の箸」家庭用や普段使いは「ケ(褻)の箸」と言われています割り箸の材質は木もしくは竹でつくられていることが多いですが、国内で見かける割り箸の95%以上は外国産でつくられています。磐城高箸は100%いわき産の杉間伐を使用し、国産割り箸は間伐材、端材(丸太から建築用材を取った残り)等が製造されて、環境にとても優しいのです。森林の荒廃を防ぐ間伐は重要で、CO2削減の観点から、使用後の割り箸もボイラーで燃焼し環境負荷をゼロに近づける努力をしています。
割り箸に使われている杉の木は日本発祥で植林が始まったのは室町時代とも伝えられています。真っ直ぐな木「直ぐ木」からスギと呼ばれている様に、木目が真っ直ぐ通り加工がしやすく優れた調湿機能などを活かして建築材などによく使われています。特徴は色が良く、目が混んでいて、香が良いと言われ日本人の美意識にも重なり太古から日本の暮らしと関り続けているのです。

ご配送は、「ゆうパケット」にてお届けいたします。予めご了承ください。

この商品とよく似た商品

一緒にお求めいただきたい商品

商品検索